座席の指定ができることが多い

- 座席の指定ができることが多い

座席の指定ができることが多い

鉄道であれば、指定席やグリーン車などの券を窓口で購入することにより、座席の指定ができることが多いでしょう。
鉄道会社や駅によっては、自動券売機でも座席の指定が可能な場合もあります。
では、飛行機の場合には可能なのでしょうか。

旅行会社を利用する場合

人によっては窓側に座りたいなどの希望がある場合も多いでしょう。
このようなときに座席を指定できたらよいと思う人も多いでしょうが、実際にはどうなのでしょうか。
旅行会社を利用して格安航空券の申し込みを行った場合、インターネット経由やコールセンター経由で申し込みを行うと、座席を指定することが不可能な場合が多くなっています。
旅行会社によっては、直接窓口まで来た場合であれば、座席を指定することもできる場合があるのですが、利用する旅行会社によって変わってくるので、事前に利用する旅行会社のサイトにアクセスし、確認しておくとよいでしょう。
詳しく記載されていない場合には、問い合わせを行えばわかります。


航空会社を利用する場合

航空会社を利用する場合には、インターネット経由であっても、コールセンター経由であっても座席の指定ができる場合が多くなっています。
もちろん座席が空いていなければ指定はできません。
飛行機というのは立ち席というのがありませんので、必ずどこかの座席に座る必要があることは知っているでしょう。
しかし、座席を指定することによって、別料金を取る航空会社もあるのです。
やはり旅行会社を利用するときと同じように、事前の確認は欠かせません。
利用するクラスによって、有料の場合と無料の場合に分かれていることもあります。
格安航空券を購入した後で座席を指定するような場合もあるので、やはり購入前に聞いておくことが重要です。

搭乗手続きの際に指定することも可能

座席を指定する方法としては、あらかじめ航空券を購入しておき、搭乗手続きの際に空いている席があれば、座席を指定することも可能な場合が多くなっています。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016ネットで探せるお得な格安航空券情報サイト最新版!All Rights Reserved.